西赤石山[ Nishi-Akaishi 1,626m ]


西赤石山(1,626m)

初級クラス

アプローチ:宇摩郡土居町関川方面では、橋脚・道路復旧工事のため登山口手前30分のところで、駐車。別子山側は、問題なし

登山道:初心者にとっては、きついコース。往復6時間以上かかりますので、はやい時間に入山してください。

コース:別子山日浦(旧別子銅山遺跡)コース:東平(とうなる)コース

別子山日浦(旧別子銅山跡)コース
日浦登山口〜(30分)〜ダイアモンド水〜(1時間)〜歓喜坑〜(30分)〜銅山越〜(1時間30分)〜西赤石山〜(1時間)〜銅山越〜(1時間30分)〜日浦登山口

東平コース
鹿森ダム登山口〜(1時間10分)〜第三通洞〜(1時間)〜銅山峰ヒュッテ〜(30分)〜銅山越(1時間30分)〜西赤石山〜(1時間)〜銅山越〜(20分)〜 角石原〜(40分)〜第三通洞〜(50分)〜鹿森ダム登山口

レポート

駐車場:日浦登山口の駐車場(村営無料)は、30台程度駐車できます。

自販機:なし。

携帯電波:期待できない。頂上付近は、新居浜方面に向かって通信可能。

トイレ:日浦登山口には、公衆トイレがあります。ダイアモンド水の広場にもトイレあり。

西赤石山を埋め尽くすアケボノツツジの大群生は、関西を含め中四国では、最大の威容を誇っている。
アケボノツツジは、おもに西赤石山の北斜面から兜山、ツナクリ山にかけて集中しています。
最盛期には、一大絨毯を敷き詰めたようで、淡いピンクの壮麗な花模様になります。
アケボノツツジのほか、5月には銅山越のツガザクラの群生が見られます。
角尖岩で構成された岩屑地のいたる所に見事な群落を形成している。
ツガザクラは寒冷を好む高山植物にもかかわらず、たった1,300mの標高に生育しているのは植物分布状極めて異例でしょう。
5月中旬アケボノツツジにはじまり下旬にはツガザクラの開花となり、花期がオーバーラップする事もあります。
また、銅山越を挟んだ南北の登山ルートには 別子銅山の遺跡 が栄枯盛衰を感じさせ、ひっそりと眠っています。 数々の遺跡には、江戸時代元禄のころから300年近く続いた銅山の歴史が刻まれ、劇場跡、小学校跡、 神社仏閣などがあり昔を偲ぶことができます。