クマガイソウは、蘭科の原始的植物。花期:4月の下旬〜5月上旬で400茎の花が見られます。熊谷直実が、軍陣でつけていた母衣(ほろ)の形に似ているところから、この名がついた説が有力だそうです。直実に討たれた平敦盛がつけていた母衣に似ていることから名がついたアツモリ草もあり同時期に開花する。唇弁の形状が、袋状になった珍しい花型をしているため一見食虫植物と錯覚することがあります。(撮影:赤石山系)