NHKで放映された、宮尾登美子氏の小説「天涯の花」のモデルになった日本固有の花。キレンゲショウマは、深山の清流と陽光が少ない林の中に生息し、葉は、蛙の手のような形状大きさは、ほぼ人の手ほどの丈は、約1mの多年性草です。
分布:紀伊半島、四国、九州。四国では、剣山行者場、筒上山(石鎚山系)わづかではあるが、赤石山系にも分布しています。