花の百名山、東赤石山と八巻山は、赤褐色の蛇紋岩系カンラン岩の超塩基性地質のため標高が1700m程度にもかかわらず中部山岳以北に生育する高山植物が多く見られます。