メ ニ ュ ー
山の歩き方
これからの山歩き
登山のすすめと歩き方
山でも頭と体は清潔に
春や夏の山歩き
秋の山歩き
3000メートル級の登山
登 山 用 品
下着・靴・雨具の選び方
帽子・靴下・スパッツ
登山靴の種類と選び方
ザックの選び方
ザックのパッキング方法
地図・コンパス...
水筒・ランプ...
コンロの選び方
家での登山用品の保管
アウトドア関連メーカ
知     識
山小屋・ヒュッテの知識
山歩きとマナー(自然編)
危険な植物
危険な動物や昆虫
3,000m級の山での知恵
もし道に迷ったら
山での雷について
遭難と救助
緊急連絡カード
遭難しないために
山の想い出と出合い
秋〜早春登山
秋山と早春の登山装備
雪山は危険?
冬期登山と装備
雪山の歩き方
ビバーク/天気を読む
本情報に基づいて遂行された活動において発生したいかなる人物の損傷、死亡、所有物の損失、損害に対してなされた全ての求償の責は負いかね ます。念のためお出かけ前に現地での情報をご確認することをお勧めします。
無断転載禁止
もし、山中でケガや病気にかかったら

決して良いことではありませんが、街中で事故を見たり怪我をしている人を見かけた場合、見て見知らぬ振りをすることがあるかも知れません。
山や川などで、病気やケガで動けなくなったとき、またそのような人を見かけたとき、あなたはどうされるでしょうか?


筆者の場合、アマチュア無線をやっていた関係で144MHz、430MHzのハンディタイプの無線機を持って入山していました。
ハンディタイプとはいえ、単三の電池が8本も入っていて結構重いものでした。
それが携帯電話という軽くて個人を指定して繋ぐことができる便利なものが主流となりましたが、衛星電話は別として山中では、一般の携帯電話は圏外となり、よほど有名な山域に行かない限りなかなか繋がりません。
繋がる地点は見晴らしの良い尾根筋や近くに街が見えるところでないと繋がりません。

そのため、応急処置のために非常用パック(ファーストエイドキット)を携帯したいものです。
山中怪我をしたり、何かのアクシデント、お腹をこわしたり、打ち身、捻挫などになることがあります。
もしもの時の必需品として持参すべきでしょう。
登山用品店にも携帯用の救急セットが売られていますが、それらを買ってしまえばそれだけで充分ってことではありません。

日本で販売されているファーストエイド・キットには、ハサミやガーゼ、絆創膏などが入っているだけで、薬事法の規制で医薬品など販売することができないため、消毒液のほか薬類は一切入っていません。
(一部解除のものもあります。)
したがって、薬局などで、個々の医薬品を自分で選んでセットする必要があります。


ファースト・エイド・キット(救急箱)

私の場合下記のものを収納しています。
参考までに掲載しますが、薬剤師と相談し、アウトドアの形態を説明の上、選定することが重要です。
ファースト・エイド・キット ウェットティッシュ パウダーシート 伸縮性のテープ
・消炎鎮痛剤(バンテリン)三角巾(バンダナ)滅菌ガーゼ救急絆創膏
腎皮質ホルモン軟膏プラスチック手袋殺菌・炎症防止薬風邪・胃腸薬・整腸薬
・抗ヒスタミン剤
・保険証のコピー、名刺、小さなボールペン
・ベッドライト用の予備電池
・緊急連絡カード&遭対連絡カード(用紙)


この中で意外と役に立つものがあります。
ウェットティッシュは、汗を拭いた後乾燥させると再び使用できますし、土など汚れを取るのにも便利です。
暑い夜寝苦しいときには、パウダーシートを使うとサラサラ感が出て気持ちよくなります。
また、伸縮性のテープは、捻挫、骨折、傷口の保護、靴擦れの保護、物を縛るときにも利用でき重宝しています。

以前、穂高連峰のザイタングラートで足首を捻挫したパーティーの女性がタオルで足首を縛って歩いていました。
タオルでは上手く歩行できず仲間から離れて悲しそうでしたので、伸縮用のテープで患部を補強してあげました。
テープで補強すると痛みも和らぐのでしょうか?随分明るくなった表情になり、私も心が穏やかな気持ちになっていました。

また、自分自身がケガや疾病で動けなくなったとき、通りかかった人や同行者に近くの山小屋や警備隊の方に知らせてもらったり、反対に依頼されて通報することもあります。


緊急連絡カード

このようなとき、「緊急連絡カード」を作成しておき、非常用パックのなかに入れて置くと、緊急時に動揺することなく、書式に法(のっと)り必要最小限書き込むことで明瞭に連絡することができます。


「緊急連絡カード」は、ダウンロードし、必ずザックに忍ばせておいてください。


緊急連絡カードEXCEL版      緊急連絡カードPDF版
Adbe Acrobat Readerをお持ちでない場合右記無料ソフトをダウンロードしてからご使用ください。


自分だけではなく、他の登山者の役に立つことでしょう。
更に、もう1枚自分用の「住所・氏名・年齢・性別・電話番号・血液型・緊急連絡先・保険加入の有無など」を記入した「連絡補助カード」(遭難対策名刺のようなものかな?)を用意します。

もし、不慮の事故の遭ったとき「緊急連絡カード」に書き込みをしないで両面接着をはがしてこの「連絡補助カード」貼り付け、通りかかった人に、山小屋や警備の方に届けてもらえれば迅速に対応して貰えることでしょう。