メ ニ ュ ー
山の歩き方
これからの山歩き
登山のすすめと歩き方
山でも頭と体は清潔に
春や夏の山歩き
秋の山歩き
3000メートル級の登山
登 山 用 品
下着・靴・雨具の選び方
帽子・靴下・スパッツ
登山靴の種類と選び方
ザックの選び方
ザックのパッキング方法
地図・コンパス...
水筒・ランプ...
コンロの選び方
家での登山用品の保管
アウトドア関連メーカ
知     識
山小屋・ヒュッテの知識
山歩きとマナー(自然編)
危険な植物
危険な動物や昆虫
3,000m級の山での知恵
もし道に迷ったら
山での雷について
遭難と救助
緊急連絡カード
遭難しないために
山の想い出と出合い
秋〜早春登山
秋山と早春の登山装備
雪山は危険?
冬期登山と装備
雪山の歩き方
ビバーク/天気を読む
本情報に基づいて遂行された活動において発生したいかなる人物の損傷、死亡、所有物の損失、損害に対してなされた全ての求償の責は負いかね ます。念のためお出かけ前に現地での情報をご確認することをお勧めします。
無断転載禁止
危険な植物

最近はネイチャーセラピーなど自然に触れることによって、日ごろのストレスから開放され、心身ともに癒されるため野山に出かけることが多くなってきました。
野山の植物は、私たちが直接触れたり食することをしなければ被害はありません。


我が身を守るために

からだに触れるとかぶれをおこすウルシ類などは、長袖・長ズボンや手袋などで接触しないよう心がけましょう。
ただし、体質によっては、薄着の衣服の上からでもかぶれる人もいます。
直接触れなくてもそばを通っただけでもかぶれたりする人もいます。

反対に、ウルシを素手で触ってもかぶれない人もいます。
ウルシも漆器の文化を育みましたし、植物の中には漢方薬として貴重なものもあり、使い方によっては「薬と毒は紙一重」になります。
したがって、採取した山菜や薬草を間違って使用すると、中毒事故を起こしたり人命を奪ってしまうこともあります。
毒性の植物は、無毒の植物に似たものがあり、間違って食すし死亡した事件が毎年起こっています。

ここに記載した植物は、ごく一部しか記載していませんのが、知識のない方の採取など絶対に行わないでください。

危険な食物

アジサイ・アブラギリ・イヌサフラン・白インゲン・梅(形成期の種)
ウマノアシガタ・ウラシマソウ・ウルシノキ・エニシダ・オキナグサ


カロライナジャスミン・キケマン・キツネノボタン・キョウチクトウ
キツネノカミソリ・クワズイモ・グロリオサ(和名:キツネユリ,ユリグルマ)・クサノワウ
ケマンソウ・ケシ


シキミ・ジキタリス・ジャガイモ・シュロソウ・スイセン・センニンソウ




                                          (オキナグサ)

タガラシ・タチフジ・タバコ・タマスダレ・テイカカズラ・チョウセンアサガオ
ツタウルシ・ドクニンジン・ドクゼリ・ドクウツギ・トリカブト






(トリカブト)




ナツトウダイ・ノウゼンカツラ


ハシリドコロ・バイケイソウ・ハゼノキ・ハナビシソウ・ハマユウ・彼岸花 ヒナゲシ・フクジュソウ・ホソバテンナンショウ


マレイ・ミゾカクシ・ミヤマシキミ・ムラサキケマン


ナマゴボウ・ユウガオ・ヨウシュヤマゴボウ


ルコウソウ



                                          ノウゼンカツラ

全体または部位に毒を持っている植物(キノコは、除いています。また記載の植物は、秋の植物だけではありません


関連記事

厚労省自/然毒のリスクプロファイル
東京都福祉保健局/間違えやすい有毒植物