野山放浪記

早春の穂高 その3

アップロードファイル 284KBアップロードファイル 264KBアップロードファイル 262KB晴れ

4月30日
 山小屋の朝は早い。(消灯も早いのだが・・・。)
 山小屋の部屋は、2段式の8人部屋であったが夫婦連れ3組の6人で宿泊した。
 やはり、この時期は、5月の連休に比べて登山者が少ないことを物語っている。

 午前4時30分起床。
 朝食は午前5時30分からである。
 早い出発の登山者は、予め注文していた朝食を受け取り午前5時ころ山小屋をあとにした。
 私たちも、午前5時30分から食事を摂り6時50分に出発。
 山小屋を出て左側の急斜面を一気に登り、比較的緩やかなコブを越えザイテングラートの取り付きを目指す。
 眼下の涸沢カールの幕営場には、20数張りの色とりどりのテントが白銀の世界を美しく醸し出している。
 また、左手には前穂北尾根の白い稜線がゴジラの背のように屏風岩に向かって延びている。
 約1時間ほど歩いただろうか、ザイテングラート下のあずき沢に着く。(ザイテングラート(Seitengrat)はドイツ語で支尾根というらしい。)
 あずき沢では、ところどころに小規模の雪崩が発生している。
 また、雪崩でできたデブリが多く危険である。
 私たちは、ザイテングラートを選びその尾根と東側のコースを選んだ。
 このコースは、山の傾斜と、雪庇があり危険ではあるがデブリと雪崩の多いあずき沢より安全と判断した。
 他の登山者も後につづく。
 ザイテンの中間ほどで下山中の一人が雪庇にとられ、私たちの近くを約300mほど滑落した。(この日4件の事故があった。)幸い大きな損傷はなく自力で下山したようである。

 涸沢小屋から約2時間30分で、穂高岳山荘がある白出(しらだし)のコルに到着した。
 穂高岳山荘は、26日小屋開けのため、小屋の中にはまだ補強のポールが張り巡らしている。
 もちろん、屋根には、1mほどの雪があり、軒まで雪に覆われている。
 小屋の方々は、忙しくチェーンソーでその雪塊を取り除いている。
 その様子を撮影している関係者がいた。
 「小屋の方ですか」
 私は尋ねた。
 「そうです。7月頃山と渓谷社からDVDを出します。」
 買って欲しいとまでは言わなかったが、数年前10月10日の登山の日に穂高岳山荘に宿泊したとき抽選でビデオを貰ったことがあったことを話した。

 ここで、家内を残し、比較的安全な涸沢岳に登ることにした。
 山荘前のヘリポートを横切り、飛騨側の斜面に向かう。
 28日の吹雪と寒波のためか、アイゼンが立たない、またピッケルも数回打たなければならない状態であった。
 山岳警備隊の方が言った意味が・・・・・。
 ただ、数人歩いた跡がありここを外れることなく進むことにした。
 約30分ほどで3,110mの涸沢岳に登頂。
 山頂から見ることができる垂直に落ちた真っ黒い岸壁と純白の北穂とその稜線、大キレット、南岳や槍ヶ岳が美しい。
 また、奥穂、ジャンダルム、西穂の稜線も迫力満点である。
 20分ほど時間を費やしたのち下山することにした。
 夏と違い、表面が凍結した山の山を下りるのには細心の注意が必要である。
 ピッケルとアイゼンの位置を確認しながら白出の山荘に向かった。
 穂高岳山荘では、周辺の景色を堪能し穂高の山々に思いを抱きながら下山開始した。
 この日は、横尾山荘までの下山となる。
 下山は、歩行時間:約4時間30分。3時10分に横尾山荘着。

 明日は、大正池までの平坦なコースを散策するつもりである。
 これまで上高地方面では、ゆっくりと散策したことがなく今回はじめて大正池ホテルに泊まることにした。
 帰りは、安房トンネルを抜け150号線を飛騨高山経由を予定している。

早春の穂高 その2

アップロードファイル 291KBアップロードファイル 285KBアップロードファイル 294KB晴れ

 上高地バスターミナルを出発したのは7時前である。
 騒々しかった一時をのがれ、家内と涸沢に向う。
 気温7〜8℃となり、下界では過ごしやすい気温ではあるが、5,000尺(1,500m付近)では、吐く息がサングラスを曇らせるようであった。
 今回は山小屋泊ということで、肩に掛かる荷物が少なくて楽である。
 明神館〜徳沢に至る道中は、比較的残雪の少ないものである。
 歩くこと1時間50分、新村橋を過ぎ梓川畔に近くなったころから路傍の残雪がだんだん多くなってきた。
 昨日の新雪とこれまでの黒くなった雪とが混ざり合って新しい雪道を形成している。
 上高地登山口からおよそ2時間50分で横尾山荘に着く。
 横尾では、昨日の吹雪の残像が白銀の世界を醸し出している。
 ここから槍ヶ岳と穂高の分岐の標識から横尾大橋を渡り涸沢に向かう。
 吊橋の中間付近で長野県警山岳救助隊の方と出会う。
 「こんにちは」
 「お疲れ様です。涸沢・穂高方面の状況はどうでしょうか?」
 「奥穂や涸沢岳、それに北穂は、非常に危険な状態ですから注意してください。できれば行かないことが懸命です。」
 橋から30分程度で前穂高岳の頂きから、アルペン的ムードを漂わせた屏風岩が迫ってきた。
 このあたりから一段と積雪が増してくる。
 1時間20分程度で本谷川橋(夏期のみか架かっているが)の沢に着く。
 ここから本格的な雪の登山道となり、アイゼンを装着しなければならない。
 本来なら、ここから沢に沿って涸沢に向かうのだが、今年は夏道の屏風岩の下の急登とデブリの続くアルペン的登山道を進む。
 しばらく歩くと、北穂高の奥北につづく南岳とそれから延びる横尾尾根が見えて来る。
 この付近から雪の斜面には、拳大からから3m以上に発達したスノー・ボールが転がり、沢沿いにはまるで雪のモンスターのように横たわっている。
 約1時間ほどで涸沢カールの一部が見え始める。
 また、右側には奥穂高岳と前穂の吊尾根が一段と雪のカーテンで覆われている。
 前穂5峰と6峰のコルから涸沢カールの急斜面には、山スキーのシュプールが残っている。
 ここから一段と高度が増し涸沢ヒュッテのシンボルの鯉のぼりが見えてきた。
 およそ3時間ほどかかり、やっと涸沢ヒュッテと涸沢小屋の分岐の指導標に着く。
 指導標から30分で涸沢小屋だ。
 夏期なら上高地バスターミナルから涸沢小屋まで通常6時間だが、雪上では、7時間〜8時間の時間を要した。
家内に引き連れられ、トレーニングを行ったためか例年に比べ楽しく涸沢小屋に到着することができた。
 いよいよ明日の登頂のため、涸沢小屋のテラスで常念岳や前穂高の稜線を見ながらビールを飲み一日の疲れを癒すことにした・・・・・。
 
 マップ http://www.shinshu-tabi.com/yariho-m.html

早春の穂高 その1

アップロードファイル 92KBアップロードファイル 175KBアップロードファイル 274KB晴れ

 今回は3年ぶりの穂高となる。
 昨年は倅の挙式、一昨年は母の病と2年間ご無沙汰であった。
 昨年は全国的に大雪で、当然のこと涸沢も大雪であったそうだ。
 したがって、稜線に出ることはもとより、涸沢までもが危険な状態であったようである。
 夏期の本谷橋付近から沢に沿っての冬の登山が、横尾付近から沢に沿った登山道に引き寄せられて歩いたそうである。
 今年は、昨日(2007年04月28日)雷鳴の轟く吹雪が穂高を襲い、上高地でさえも雹が(ひょう)が2時間以上も降ってしまった。
 このような中、04月29日から憧れの穂高登山となったのであった。
 04月28日は、土曜日にもかかわらず出勤であった。
 昨日まで、家内が冬山登山の準備に勤しみ小生が帰宅すると、手慣れたもので完璧に準備を完了させていた。
 7時40分頃自宅を出る。
自宅−徳島道−淡路鳴門道−山陽道−中国道−名神高速−中央道−長野道−松本IC−158号線−沢渡 と走る。
 途中「みどり湖」PAで仮眠をとり、沢渡には5時50分に到着。
 通常沢渡からバスにて上高地に入るのだが、1969年はじめて穂高に入り(途中ブランクがあった)今日まで大正池でゆっくりしたことがなく、今回は大正池ホテルで宿泊する予定であるため奮発してタクシーを利用した。
 時刻は、6時15分である。
 タクシーは池尻から乗車し、途中大正池ホテルに荷物を一時預けた後、上高地バスターミナルに向かった。
 到着するや否や何か騒がしいではないか。
 「10分も過ぎてるのに、何やってんだ!」
 早朝から、小太りの中年の男性が大声で怒鳴っている。
 このような所にきて分刻みのスケジュールってありえない私たちには、異様な感じさえするが・・・。
 バス会社の方がこわばった様子で何やら話している。
 その後何もなかったように数名を乗せたバスが、ここを後にした。
 私たちも、少しばかの朝食を摂り涸沢に向かった。


 

雲上?ガスの瓶ヶ森林道

アップロードファイル 66KB雨

今日、瓶ヶ森林道(標高約1,500m)走ってきた。
実は、西赤石山(旧別子銅山跡=住友金属鉱山所有)でも行こうかと思っていたのだが、生憎のガスと小雨で急遽瓶ヶ森へ変更。
(天気予報では、西から雨があがってくるとのことで・・・。)

西条市加茂川の土手を走り寒風山トンネルを抜け高知県側から桑瀬に向かう。
加茂川の河川敷では、花見の客が大勢いる。
横目に見ながら上流に向かってひたすら走る。

石鎚山成就社の分岐を過ぎる。
長い寒風山トンネルを抜け、一の谷屋方付近からガスっていて視界が悪くなってきた。
およそ20分で桑瀬峠に。
伊予富士、東黒森山、西黒森あたりの稜線の視界は50m。
普段なら結構いいロケーションなのだが・・・・・。
途中瓶ヶ森登ろうと登山口まで行ったが、視界30mで、霧雨で靄(もや)っていた。

仕方なく、しらさ山荘に行き、ここでコーヒでも・・・。
だけどオープンしていない。(ガックリ・・・)
仕方なく、よさこい峠、石鎚山土小屋登山口まで走った。
土小屋の白石旅館の店も閉まったまま。
車も2台いるだけである。
ここもほとんど、ガスっていてロケーションも最い!

写真も撮れず、最悪?の一日であった。かも?