No.27の記事

黄色の絨毯が眩しい翠波高原

アップロードファイル 283KBアップロードファイル 244KBアップロードファイル 296KB晴れ

先週末は、鳥取県の大山登山であったが、今週は近くの翠波峰(892m)へ行くことにした。
今日は、早朝から天気が良く泊まった孫を連れてゆくことに。
2週間前は、3分咲きであった。
したがって、暖冬の影響のため本日は満開の予定である。
翠波峰(第一ガーデン)には、9時36分到着。
ここは、黄色い絨毯を敷き詰めた菜の花が、まるで春を呼び寄せるように青い空に向かって精一杯翼を広げているようである。
なだらかな山稜に広がる絨毯には、三脚を置きシャッターチャンスを待つ写真家や、若いカップルが明るい春の訪れを楽しんでいる。
通常、昆虫が忙しそうに蜜あつめているのだが、今年の開花は例年より半月以上早く飛び交う光景は見られない。
やっぱり異常気象なのかも知れない。
自然の営みは、変化することなく平穏であってほしいと思う今日この頃である。

(翠波高原は、標高892mの翠波峰を中心とした約100haの古代準平原の名残をとどめた美しい高原で、翠波峰からの眺望は特にすばらしく、瀬戸内海に面した法皇山脈から雄大な四国山地まで360度の大パノラマが楽しめます。)
http://www.shikokuchuo.jp/~suiha/sisetu/
四国中央市役所 観光交流