「山路風」と「山路風山岳会」の仲間たちの登山日記


山路風登山日記
山路風ネットワークINDEXへ
 はじめに
 錦秋の涸沢と穂高連峰
 剱岳・立山連峰縦走記
 八ヶ岳縦走記
 石鎚東稜〜天狗岳直登記
 冬季石鎚眺望の岩黒登山
 厳冬の赤石山系縦走記
 家族との西赤石山紀行
 大森〜佐々連尾山縦走記
 二ツ岳〜権現越縦走記
 北穂〜槍ヶ岳縦走記
 くじゅう・坊がつる山紀行


はじめに

私たちは、四国山系をホームに、九州〜北アルプスの山歩きを楽しんでいます。
四国山系は、意外と奥が深く深山幽玄の山々があり、自然が多く残った山域があります。
また四国の地質は、日本列島のなかでは新生代の火山噴出堆積物が比較的少なく、列島の骨格を形成する複雑な基盤岩類が地表に広く露出・分布する地域です。
そして、中央構造線を境にその北側(内帯)と南側(外帯)とでおおきく異なっています。
(社)斜面防災対策技術協会四国支部
このように、中央構造線に沿って大きな鉱脈や、エクロジャイトが露出し地球の起源を解明するため多くの科学者が研究に訪れています。
しかし、科学的研究材料が豊富とはいえ、自然、登山に関する紹介文献が比較的少なく、情報に恵まれていない地域でもあります。
採算ベースののらないのも要因のひとつで書籍の発刊が少ないのは当然のことかも知れませんね。

しかし、登山ブームの昨今、関東地方や近畿地方からもバスツアーなどで四国を訪れるようになりました。
四国といえば、◆石鎚山◆剣山◆と云われるほどここに集中しています。(もっと良いところがあるのに・・・・)
春の花・秋の紅葉、これらのシーズンは、駐車場の確保が困難となることさえあります。
また、山小屋など宿泊施設の整備が遅れているのも事実です。

このような観点から、私たち四国地域から発信しているWEBサイトが四国の山や渓谷・滝などご紹介し、互いにリンクしあい四国地方の登山道路情報・山行情報・注意点などについて、情報交換しています。

したがって、このホームページをご覧になるみなさまに、少しでもお役に立てることができれば光栄だと思っております。

「山路風登山日記」のコースタイムは、あくまでも参考程度にしてください。
コンディション・経験度・自然条件などさまざまな要因により変わりますのでご留意ください。

正しくお伝えするために、できるだけ正確に掲載するつもりですので末永くご覧いただければ光栄です。